非線形CAE勉強会

講演会

 

非線形CAE協会主催 シンポジウム
「非線形CAE 〜研究と実務の架け橋をめざして〜」

今年,非線形CAE協会(理事長 寺田賢二郎:東北大学教授)は創立15周年を迎えます.この間,非線形CAE勉強会の開催は28回,のべ4500名の参加者を数えて現在にいたっています.(https://www.jancae.org/

勉強会に加え,当初の目的であったCAE技術に関わる国内の協同という観点からは,ゴム材料の解析に始まった材料モデリング分科会が,超弾性から金属弾塑性,粘弾性,ダメージ,樹脂材料計測と活動の対象を広げ,現在では「UMMD」という構成則サブルーチン・ライブラリの構築にいたっています.

その一方,CAEを取り巻く環境は創立当時から大きく変化してきました.シミュレーションという用語はより一般的なものとなり,ハード・ソフトの向上,また解析人材の就業環境の変化も著しいものがあります.本協会の活動にも変革が求められる時期になってきました.

今回「非線形CAE 〜研究と実務の架け橋をめざして〜」と題し,最新の研究動向とCAE技術の現状を踏まえて,今後の非線形CAE技術を方向付けるためのシンポジウムを開催したく,下記のようにご案内申し上げます.

皆様のご参加をお待ちしております.

 

日程

  • 2016年3月27日(日) 10時〜17時
 

場所

ウインクあいち・愛知県産業労働センター 902室 (〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

交通: 名古屋駅,徒歩5分
 

定員

100名

 

参加費用 (税別)

3,000円

 

懇親会

17:30〜 (会費5,000円)

 

アジェンダ(予定),敬称略

「非線形CAE 〜研究と実務の架け橋をめざして〜」

10:00-10:55 非線形CAEにおける計算力学の研究動向 〔東北大学・寺田賢二郎〕
10:55-11:00 break  
11:00-12:00 GPUによる高コスパCAE 〔東京工業大学・青木尊之〕
12:00-12:50 lunch break  
12:50-13:20 人工物の複雑化とシミュレーション 〔メカニカルデザイン・小林卓哉〕
13:20-14:20 動的接触力学と漸近分岐力学の最近の応用事例から 〔岐阜大学・藤井文夫〕
14:20-14:30 break  
14:30-15:00 CAEがもたらすスポーツシューズの進化 〔アシックス・西脇剛史〕
15:00-15:30 材料構成則の新しい実装法について 〔豊田中央研究所・田中真人〕
15:30-16:00 計算工学を駆使した新たな自動車工学の展開 〔山梨大学・岡澤重信〕
16:00-16:05 break  
16:05-17:00 形状最適化問題の解法と製品設計への応用 〔名古屋大学・畔上秀幸〕
 

テキスト

このページにアクセスするには,ユーザ名とパスワードが必要です. シンポジウムに参加される方は,事前にお知らせしたユーザ名とパスワードをご用意ください. また,本講義資料の閲覧に関しては, webmaster@jancae.org 迄ご連絡ください.

 

申し込み方法

申し込みは終了しました.

 

問い合わせ先

  • 配信停止・配信先変更の御連絡
  • 河野文子(事務担当)・小林卓哉
  • E-mail: cae@mech-da.co.jp
  • 特定非営利活動法人非線形CAE協会 事務局
  • 〒182-0024 東京都調布市布田1-40-2 アクシス調布2階
  • 株式会社メカニカルデザイン内
  • TEL 0424-82-1539(受付時間:平日10時〜17時) FAX 0424-82-5106